【平成30年 年頭所感】日本中古自動車販売協会連合会・日本中古自動車販売商工組合連合会 会長・…

2018年(平成30年)7月20日 [金曜日] 先勝 |  サイトマップ サイトマップ

【平成30年 年頭所感】日本中古自動車販売協会連合会・日本中古自動車販売商工組合連合会 会長・理事長 海津 博

2018年01月01日
会長・理事長 海津 博

会長・理事長 海津 博

拡大拡大する

 新年明けましておめでとうございます。平成30年の新春を迎えるにあたり、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。昨年の6月に会長に就任してから早いもので半年余りが経過しました。その間、様々な組織活動に取り組んでまいりましたが、改めて責任の重大さを感じているところであります。

 さて、自動車業界の状況につきましては、平成29年度上半期の国内新車販売台数は、前年比107.7%の248万2,834台で、上半期として5年ぶりの増加となりました。登録車は、同104.0%の160万7,978台で3年連続の増加となり、軽自動車は同115.1%の87万4,856台で4年ぶりにプラスに転じました。燃費不正問題により軽自動車の販売が落ち込んでいましたが、新型車の販売が好調なことなどから回復してきております。しかしながら、ちょうど折り返し地点でメーカーの無資格検査問題が相次いで発覚するなど影響が出ております。

 一方、中古車につきましては、平成29年度上半期の登録・届出台数は前年比103.1%の328万458台で3年連続のプラスとなりました。登録車は同103.4%の186万44台となり、3年連続で増加し、4年ぶりに180万台に回復しました。軽自動車は同102.8%の142万414台で2年ぶりに増加しました。新車販売が登録車、軽自動車ともに好調なことから、数字の上では代替の効果が出た形となりましたが、小売りの状況としては、いまだ楽観視できない状況が続いています。

 税制関連につきましては、最重点要望として、自動車取得税の免税点50万円の特例措置の適用期限が平成30年3月末で期限切れとなるため、自動車取得税の廃止時期まで延長していただけるよう強く訴えました。その結果、中販連の要望通り、自動車取得税の免税点の特例措置が1年6カ月延長されることが平成30年度税制改正大綱に明記されました。

 このような中、現在、力を入れ推進している事業のひとつとして、JU適正販売店認定制度を展開しておりますが、消費者の方が店を選ぶ際のひとつの基準になるものですので、今後さらに認定店の拡大を図っていく必要があります。これにあわせて、適正販売店の買取り施策も検討しており、消費者・地域社会からの信頼を高め小売りの活性化につなげていく考えです。

 我々を取り巻く環境は、一層厳しくなっていくことが予想されますが、次代を担う青年部の方をはじめ全会員と危機感を共有し、団体だからこそできる施策を打ち出して各会員の事業支援に取り組んでまいります。

 また、JUコーポレーションとの共同事業で推進しております「JUテントリ」(共有在庫システム)につきましては、「JOCAR」「C-Match」「MOTOR GATE」といった各サービスの車両情報を使って登録できるなど利便性が向上しており、利用実績は順調に伸びております。しかしながら、このテントリを利用し成果を上げている会員・商組がある一方で、まだ十分に利用できていないところもありますので、ぜひご利用いただければと思います。

 リーマンショック以降、大きく落ち込んでおりましたJUクレジットにつきましては、平成23年度以降回復を続け、6年連続プラスで推移しており、今年度は2,500億円に届きそうな勢いとなっております。この勢いを継続することは大変難しいことでありますが、オリコ社と一致結束して着実に結果につなげてまいりたいと思いますので、引き続き皆様方の一層のご理解とご支援をお願いいたします。

 自動運転や電気自動車など技術革新により、あつかうクルマそのものが常に進化し変化を続けている今、環境に合わせて我々も変わっていかなくてはなりません。そのためには、青年部などの若い方の柔軟な発想が必ず必要になります。若い方が参加し活躍できる組織を目指し、かつあらゆる情報が組織全体に行き渡るよう検討を進めてまいります。

 検討中の案件、課題は山積しておりますが、真正面から向き合い、解決・実現に向け邁進し、各会員の支援、組織の強化に向け、新たなステージへとステップアップを図る飛躍の年にしたいと思います。市場は縮小傾向にありますが、保有台数はまだ減っておらず、工夫次第でまだ伸ばせる余地はあると考えております。組織としてスケールメリットを生かし、多方面から会員店をサポートしてまいります。

 今後も未来に向けて消費者保護と中古車業界の健全な発展に尽力してまいりますので、引き続きご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。結びに、本年が皆様にとりまして良い年となりますよう心から祈念いたします。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

年頭所感関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:116% 平均落札:629千円
  • ホンダ CR-V / RE3, 4 前月比:113% 平均落札:589千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:112% 平均落札:540千円
  • 三菱 パジェロ / 80, 90系 前月比:111% 平均落札:1,514千円
  • スバル インプレッサXV / GP系 前月比:109% 平均落札:1,517千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系

急落車種TOP5

  • マツダ ビアンテ / CC系 前月比:87% 平均落札:571千円
  • ホンダ オデッセイ / RB3, 4系 前月比:88% 平均落札:619千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:89% 平均落札:1,323千円
  • トヨタ プレミオ / 260系 前月比:91% 平均落札:947千円
  • トヨタ ノア / 70系 前月比:92% 平均落札:694千円

マツダ ビアンテ / CC系
マツダ ビアンテ / CC系