優勝は栃木整振、磨いた技術ここに輝く - グーネット自動車流通

2017年(平成29年)12月18日 [月曜日] 大安 |  サイトマップ サイトマップ

優勝は栃木整振、磨いた技術ここに輝く

整備 2017年11月25日
第21回全日本自動車整備技能競技大会
会社名:日本自動車整備振興会連合会
写真中央左から須永圭則選手、塩田雄基選手

写真中央左から須永圭則選手、塩田雄基選手

複数画像有

拡大拡大する

日本自動車整備振興会連合会(日整連・東京都港区)は11月25日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で第21回全日本自動車整備技能競技大会を開催。前回に続き全国53振興会が参加した。

 競技は1年定期点検整備及び故障診断を行う「実車競技」(配点:700点)、点検整備に必要となる一般的な技能を審査する「基礎競技」(同100点)、カーオーナーへの問診・応対・結果説明をロールプレイング形式で審査する「アドバイザー競技」(同200点)の3種類の競技(合計1000点)が実施された。

 各振興会は2人1組のチームを作り、カーオーナーに扮した審査員から問診し、日産自動車「ノート」の1年定期点検整備を実施しつつ、エンジン及びボディの故障部位計6個所を発見、納車説明するまでの技術力を、3競技合計90分間で競い合った。

 競技の結果、栃木県整備振興会が1000点満点まで残りわずか11点の989点という高得点で優勝。全体の平均点も832.8点と、非常にハイレベルな争いとなった。上位3チームの選手と得点は次の通り(括弧内は会社名、敬称略)。

優勝:栃木=塩田雄基(塩田モータース商会・須永圭則(同)989点
準優勝:秋田=木元崇文(木元自動車興業)・伝農善樹(中仙オート)976点
第3位:山形=星川貴彦(星川自動車)・大貫竜(サービスエリア357五兵衛)971点


[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

整備関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系