魅力的なスポーツカーも多数出展 ~クルマへの関心高め、需要喚起に期待~ - グーネット自動車流通

2017年(平成29年)11月23日 [木曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

魅力的なスポーツカーも多数出展 ~クルマへの関心高め、需要喚起に期待~

企業・団体 2017年10月23日
今週末いよいよ開幕!参加体験型試乗イベントを大幅拡充
会社名:東京モーターショー2017
トヨタ「GRHV SPORTS concept」

トヨタ「GRHV SPORTS concept」

複数画像有

拡大拡大する

 第45回東京モーターショー2017(主催=日本自動車工業会)が10月27日(一般公開は28日から)、東京都江東区有明の東京ビッグサイトでいよいよ開幕する。国内全15ブランドや海外メーカー13社19ブランドが一堂に会し、ワールドプレミアも70台以上を数える中、国内メーカー各社がスポーツカーやSUV(スポーツ多目的車)出展に意欲的なのも楽しみなポイントだ。また、前回展までは会場内で実施していた参加体験型の試乗会を大幅に拡充、さまざまな試乗体験が出来るのはうれしい限りだ。

 トヨタ自動車は「GR HV SPORTS concept」の出展を表明しているほか、往年のスポーツカー「スープラ」の次期モデルとされるコンセプトモデル出展の可能性もあるという。

 日産は、参考出展車両として「LEAF NISMO Concept」などを出展するほか、02年に生産終了した「シルビア」の次期モデルがコンセプトカーとして披露される可能性もあるという。

 マツダは、15年の東京モーターショーで披露した「RX‐VISION」をさらに突き詰める形で「RX‐9」として披露する可能性があるという。

 参加体験型の試乗会は今回、近隣の臨海副都心エリアで大幅に規模とバラエティーを拡大して展開する。センタープロムナード会場ではパーソナルモビリティ試乗体験を実施。お台場特設会場では、エクストリームやオフロードの同乗体験試乗、電動カートやパーソナルモビリティの試乗体験、商用車の公道試乗体験などを展開。メガウェブライドワンコースでは、最新の乗用車と二輪車の試乗体験ができる。

 環境対応車や自動運転技術、衝突安全技術が国内自動車マーケットの話題の中心にあることは事実だが、こうしたメーカー各社によるスポーツカーへのこだわりや今回展のような体験試乗イベントの拡大開催が将来のクルマ好きを創造する場となることを期待したいところだ。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系