第45回東京モーターショー2017開催概要決定 - グーネット自動車流通

2017年(平成29年)12月17日 [日曜日] 先負 |  サイトマップ サイトマップ

第45回東京モーターショー2017開催概要決定

企業・団体 2017年09月21日
世界10カ国から合計153社が参加
会社名:日本自動車工業会
写真左から、星野朝子委員長、西川廣人会長、山本昭雄主催者テーマ展示分科会長

写真左から、星野朝子委員長、西川廣人会長、山本昭雄主催者テーマ展示分科会長

拡大拡大する

 第45回東京モーターショー2017(主催=日本自動車工業会)が10月27日(一般公開は10月28日から),東京都江東区有明の東京ビッグサイトで開催する。

 テーマは「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」。開催ごとのクルマの価値や楽しさを拡張しながら、業界の垣根を超えて世界最先端のナレッジが集まり、新たなイノベーションやビジネスを生出せるようなイベントを目指すという思いを込めた。

 ショーでは、世界10カ国から合計153社が参加するほか、国内全ての乗用車、商用車、二輪車メーカー14社15ブランド、海外メーカー13社19ブランドが一堂に会する。ワールドプレミアが70台以上、ジャパンプレミア50台以上が披露される予定となっている。会期は11月5日まで。

 新たなシンボルイベントとして、「世界一のテクノロジーモーターショー」を目指し、日本の最新技術をアピールする展示とともに、新たなモビリティ社会を想起させる主催者テーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017」を実施する。ここでは2020年東京への期待感を抱かせ、将来のモビリティ社会がもたらす新しい価値や社会とのつながりをわかりやすくお客様視点で体験できる参加型の3つのプログラム(インタラクティブ展示、VR展示、トークイベント)を実施する。

 西川廣人会長は9月21日、自工会会長記者発表会で「今回のショーは、規模も大事だが中身の質をより重視したい。ハイクオリティーで世界をリードするメーカー各社に期待してほしい。変化と進化をより身近に感じてもらい、自動車産業の活性化につなげていきたい」と述べた。


[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系