開場21周年記念に出品3146台を集荷 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)7月23日 [月曜日] 仏滅 |  サイトマップ サイトマップ

開場21周年記念に出品3146台を集荷

オークション 2017年07月21日
新会場で2回目の3000台超え、底堅い成約率で活気
会社名:USS岡山
大谷上席次長が会員への謝辞を述べた

大谷上席次長が会員への謝辞を述べた

複数画像有

拡大拡大する

 USS岡山(岡山県赤磐市・安藤之弘社長)は7月15日、「開場21周年記念オートオークション(AA)」を開催した。出品台数3146台は2014年8月23日開催の「新会場オープン記念AA」の3246台に次ぐ、新会場移転後2番目の高水準となり、成約率も66.1%の高率だった。同会場初のBP登録店による出品もあったほか、大好評の特設「輸入車コーナー」など、小売り向け良質車出品により、高成約率のAAとなった。

 セリ開始前のセレモニーで大谷浩上席次長は「USSは今年で35周年を迎えますが、これからも会員の皆様の良きビジネスパートナーとして、USS岡山会場も努力してまいります。本日は岡山会場初となるBP登録店による出品車がございます。皆様からいただいた沢山の出品車を最後の1台まで丁寧にセリにかけさせていただきます」と心からの謝辞を述べた。

 今回の大成功の裏には、同会場営業スタッフによる早期からの地道な営業活動がある。会員からは早期から搬入があり、1台1台着実に積み上げた結果が3000台を大きく上回る出品台数と高成約率に表れた格好。
 当日は同会場2回目の実施となる特設「輸入車コーナー」に前回を大きく上回る129台の出品があった。「ディーラーコーナー」にも通常の2倍程度の出品車が集まった。

 同会場の4〜6月期実績(四国会場分除く)は、出品台数が前年同期比117.7%、成約台数が同112.5%と高水準。第2四半期(7〜9月)もこの高水準を持続する見通し。USSグループ内でも屈指の成約率を持続する同会場だが、出品ボリュームも着実に拡大している。「高成約率傾向が続き、毎開催の新規出品比率も上昇し好循環が生まれている」(大谷上席次長)とする。

 今回のAAでは、出品店件数も約600社に上り、落札店件数も800社に迫った。同会場歴代7番目に多い出品台数を集めた。コーナー別では、「ディーラーコーナー」が70.7%、「バントラコーナー」が68.3%、「ロープラ&オレンジコーナー」が75.8%の高成約率で全体を押し上げた。

 同会場では、BP登録店制度スタート後初の出品があった。ダイアグコード(OBD)確認記録簿と車体コンディション確認記録簿、修理工程を収めた写真を添付し、車両状態を正しく評価することで、買い手側も安心して購入することが出来る。今回の出品車も相場に見合った、しっかりとした応札が入り、見事成約した。

AA会場 USS岡山 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:116% 平均落札:629千円
  • ホンダ CR-V / RE3, 4 前月比:113% 平均落札:589千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:112% 平均落札:540千円
  • 三菱 パジェロ / 80, 90系 前月比:111% 平均落札:1,514千円
  • スバル インプレッサXV / GP系 前月比:109% 平均落札:1,517千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系

急落車種TOP5

  • マツダ ビアンテ / CC系 前月比:87% 平均落札:571千円
  • ホンダ オデッセイ / RB3, 4系 前月比:88% 平均落札:619千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:89% 平均落札:1,323千円
  • トヨタ プレミオ / 260系 前月比:91% 平均落札:947千円
  • トヨタ ノア / 70系 前月比:92% 平均落札:694千円

マツダ ビアンテ / CC系
マツダ ビアンテ / CC系