違反事業者には厳正な措置 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)7月23日 [月曜日] 仏滅 |  サイトマップ サイトマップ

違反事業者には厳正な措置

企業・団体 2017年07月14日
行動基準違反措置説明会を開催
会社名:日本自動車購入協会(JPUC)
井上代表理事

井上代表理事

複数画像有

拡大拡大する

 日本自動車購入協会(Japan Purchase Used Car Association、 略称:JPUC・東京都品川区:井上貴之代表理事)は7月14日、同協会の行動基準違反措置説明会を開催した。
 
 井上代表理事、立花雄樹倫理委員会委員長らによる説明会では、JPUC行動基準に違反した場合の「行動基準違反措置」の運用について報告がなされた。

 措置は、違反の回数や重さに応じて内容が決定され、初回違反時には「口頭注意」だが、同内容の再違反時には「文書注意」となり、更に違反を繰り返すと「警告」、「権利停止・除名処分」と順に措置が重くなる。最も重い「権利停止・除名処分」となった事業者は、JPUCサイト上で社名が公開され、必要な場合は消費者庁へ情報が提供される。また、査定サイト(媒体)事業者へ取引自粛の自主判断を通告するとしている。

 今回策定された「行動基準違反措置」は7月1日より施行され、同措置基準を厳正に執行することにより、自動車買取業界の健全な発展を目指す考えだ。

 JPUCは、「一般消費者への安全・安心なサービス提供」を理念のもとに、顧客の不当な勧誘を防止し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択、および一般消費者が安心かつ安全に契約できる環境を提供することで、自動車の取引の公正化を図ることを目的に2014年3月に設立された。












[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:116% 平均落札:629千円
  • ホンダ CR-V / RE3, 4 前月比:113% 平均落札:589千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:112% 平均落札:540千円
  • 三菱 パジェロ / 80, 90系 前月比:111% 平均落札:1,514千円
  • スバル インプレッサXV / GP系 前月比:109% 平均落札:1,517千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系

急落車種TOP5

  • マツダ ビアンテ / CC系 前月比:87% 平均落札:571千円
  • ホンダ オデッセイ / RB3, 4系 前月比:88% 平均落札:619千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:89% 平均落札:1,323千円
  • トヨタ プレミオ / 260系 前月比:91% 平均落札:947千円
  • トヨタ ノア / 70系 前月比:92% 平均落札:694千円

マツダ ビアンテ / CC系
マツダ ビアンテ / CC系