中古外板パネルを用いた交換について(前編) - Goo-net自動車流通

2017年(平成29年)8月20日 [日曜日] 仏滅 |  サイトマップ サイトマップ

中古外板パネルを用いた交換について(前編)

整備 2017年06月26日
株式会社ジャッジメント 取締役 橋本剛
会社名:ジャッジメント

 年々高まりつつあるリサイクルパーツの需要。そのメリットは、新品パーツよりもリーズナブルであることが挙げられます。ガラス・灯火類・電装系等、多岐にわたりますが、ボディパネルでも中古外板パネルを用いて修理された車を多く見かけるようになりました。こうした修理跡はどのように見つけることができるのでしょうか。そのポイントをご紹介します。

◆キーワードは「安い」「早い」「わかりにくい」
 中古部品の需要は、国内だけでなく、日本の中古車が輸出される仕向け地でも高まっています。これは取扱い企業による努力の賜物とも言え、今後も需要は増加していくことが予想されます。では、査定・検査の視点でこの中古部品を考えてみましょう。前述のとおり修復歴のチェックを行う現場でも中古部品、特に「中古外板パネル」を使用して修理された車を頻繁に見かけるようになりました。あくまでも中古品なので、品質状態が均一とは言い難い面もあります。しかし、それを補う以上の魅力が中古外板パネルにはあります。そのメリットは左記のとおりですが、検査の視点で見ると厄介なのが③「良好な仕上がり」です。

◆思わぬところにその痕跡が
 それでは中古外板パネルによる交換歴を発見するにはどうしたらよいのでしょうか。まず「異色中古パネル」の場合、その「異色」が発見のヒントになります。例えばドアやボンネット裏側には様々なラベルが貼られています。異色中古パネルを使用する場合、再塗装時にラベルをマスキング処理して塗装を施すことがほとんどです。それ故、ラベルのフチに「マスキング跡」が残ってしまいます(画像①②)。皆様も車両をチェックする際「取付けボルトの回し跡」を確認されていると思いますが、「ラベルの状態」も確認項目に加えてみてください。またパネル外側に下地塗装まで達するような深いキズがあった場合、よく見ると元色が露出してしまっていることもあります。外装ダメージをチェックする際も注意してみましょう。(後編へ続く)

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

整備関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系