CAA東京会場、4レーン化へ - Goo-net自動車流通

2017年(平成29年)5月23日 [火曜日] 先勝 |  サイトマップ サイトマップ

CAA東京会場、4レーン化へ

オークション 2017年05月17日
会員の利便性向上とグループ間ネットワークの活性化に
会社名:CAA東京
新卓上端末イメージ

新卓上端末イメージ

拡大拡大する

 CAA東京(千葉県柏市・永谷敏行社長)は今年の8月22日開催のオークションより、4レーン化とタッチパネル方式の新卓上端末を導入する。

 新卓上端末はCAA中部会場と同型となる600台を導入。これにより火曜日開催のCAA3会場とTAA5会場の全18レーンの中から4レーンを自由に選択し、同時に4レーン応札を可能とする業界初の取組みを実施する。これまで他会場のセリに参加するためには、画面を切り替える必要があったが、今回の新卓上端末導入により、切り替えが不要となり、よりセリに参加しやすい環境を整える。会場間応札の利用は年々伸長しているが、新卓上端末導入によりTAA・CAAグループ間のネットワーク応札の活性化に繋がり、グループ間の相乗効果も更に高まると考えられる。

 4レーン化はセリ時間の短縮を目的に導入する。昨年度の平均出品台数2052台に対し、セリ終了平均時刻は18時、3000台を超える記念開催では22時に及ぶこともあった。また、増加傾向にある出品台数に対しても4レーン化を導入することで、セリ時間の短縮を図り、会員の利便性向上へと繋げる。
 4レーン導入後のセリ終了時刻は、16時半を想定。セリ時間短縮により会場着席数の多い時間帯のセリ集中、セリラストまでの参加が増えることで、出品車への注目、応札増が期待でき成約率の向上に繋がると考えている。

 今回の4レーン化と新卓上端末導入と併せ、ポス席のテーブルもリニューアルする。テーブルを広くすることで20インチワイドモニターを利用しやすく、使い勝手の良いポス席を実現する。

 勝田淳執行役員は「CAAのポジションはチャレンジャー。新しい取り組みを積極的に行っていく。4レーン化・新セリ機導入も10年先を見据えて何をすべきかの一つ」と語った。

 杉浦弘将CAA東京会場長は「4レーン化による新コーナーも考えている。併せて選択式4レーン同時応札機能により『買いやすさ』も向上する。良い流れを作り、出品数の増加に繋げていきたい」と語った。

AA会場 CAA東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

TC-webΣ

ガレージカメイ

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系