検査員管理者研修会を実施 - Goo-net自動車流通

2017年(平成29年)8月23日 [水曜日] 友引 |  サイトマップ サイトマップ

検査員管理者研修会を実施

オークション 2017年05月08日
信頼され、納得感を得られる検査を目指して
会社名:シーエーエー
研修会終了後の記念撮影

研修会終了後の記念撮影

複数画像有

拡大拡大する

 シーエーエー(愛知県豊田市・永谷敏行社長)は、4月27日、28日の2日間において検査員管理者研修会を中部会場にて実施した。同社では、「売りやすい、買いやすい、参加しやすい」会場づくりをスローガンに、全社をあげて各部署で様々な改善活動を実施している。検査チームにおいては、出品店・落札店双方から信頼され納得感を得られる検査を目指し、毎年4月に各会場の検査責任者を集めた研修会を実施している。
 今回で3回目となる同研修会では「出品車の状態がイメージしやすく、出品店・落札店の双方から見て違和感のない検査」をメインテーマとして、課題ごとに瑕疵のある研修車10台を用意、オークション検査のあるべき姿を追求し、適切な表現方法や瑕疵レベル判断方法など、多岐にわたり研修を行った。「特に今回の研修会は、現在進めている「検査プロジェクト」の一環として行われたものであり、今後、シーエーエーの全検査員が同じ研修車を使ったカリキュラムでの研修を受講することで、検査基準の平準化や検査員個々のスキルアップにつなげたいと考えている」と勝田執行役員。

 ―信頼され納得感を得られる検査のために
 信頼され納得感を得られる検査を実現するには、検査員育成の強化、検査技術と瑕疵レベルの平準化の取り組みが不可欠となっている。その為に、検査部会を2ヶ月毎にTV会議にて実施、最適な改善・見直しを各会場の検査責任者と話し合い、検査規約・検査基準の解釈のズレや近年進化する車体(骨格部位)の未定義部分の取扱い等も討議している。この取り組みが定着し一定の効果は得られているが、机の前だけで検査を良くするには限界がある。そのことから前期より「検査プロジェクト」を発足し、全社を上げて信頼され納得感を得られる検査の更なる追求に取り組んでいる。

 ―検査プロジェクト概要について
 シーエーエーでは2015年5月より評価点の自動算定システムを導入、同システムでは評価点算定のために検査内容の全てをデータ化している。検査員は年間7000台の検査を行っており、7000台の検査内容の全てのデータを分析することで検査員個々の傾向や特徴、強み弱みについて詳細に解析し、適切な個別指導を行う。検査プロジェクトは、検査スキルを向上させるとともに、検査の基本的な考え方の全社平準化、会場単位での平準化、個人レベルの検査技術向上を目指し、推進するプロジェクトとなっている。それ以外にも、様々な角度から検査精度の向上を目指した取り組みの結果、現在の検査クレーム発生件数は確実に減少傾向となっている。

―取り組みの結果、得られた効果について
個人別、会場別、会社全体で検査ミスの状況を共有し全社で対策を考え、個人別、会場ごとに対策を設け対応した結果、外装の見落としのクレームを大幅に減らすことに成功している。検査時に確認する項目としては、①骨格部位の見落とし②外装の見落とし③内装の見落とし④出品票・装備品の見落とし⑤機関・機構の見落としの5項目。「まだまだ表面化されていない見落としもあると思う。この取り組みを続けていくことで、検査員一人ひとりの技術の向上と共に、意識の改革も図っていきたい」と海野検査室長。

 ―10年先を見据えたAAの在り方
 永谷社長は「今回の検査員管理者研修会は現在シーエーエーグル―プで取り組んでいる、人材交流の活発化、マナー研修の充実、社員教育制度の再構築などの一環で、AA会場の中核となる検査精度の向上に向けた重要な取り組み。同社では現在まで、会場卓上端末とTC-webΣとのデータ連携、また、TC-webΣから会場への商談申込/状況確認や最低商談価格設定などの新機能搭載など、会員様のお店『会社』でできることは会場でもできる、をコンセプトに活動して参りました。中部会場ではセリ機も一新し、業界初の「選択式4レーン同時応札卓上端末」を導入し、好評をいただいております。また、内装画像360度パノラマ画像を東京・岐阜・東北会場でも運用開始、加えて初セリより、車両の左右真横からの画像、かんたん出品を追加致しました。CAAはこの5年間で、中部会場8レーン化、火曜日開催の会場間応札、ストックワンプライス、TC‐webΣをスタート、そして出品車内装画像の追加撮影、内装360度パノラマ画像など、ハード面での改善・再構築は、ほぼ計画通り実施、今後はこのハードを活かし10年先を見据えたAAのあり方、を創始工夫しながら追求し、会員皆様の更なるビジネスチャンス拡大に寄与できるよう社員一同全力で皆様の事業をサポートして参ります」と語った。

[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系