【JUテントリ活用店レポート】古市モータース(広島市安佐南区) 小売り在庫しながらのテントリ出…

2017年(平成29年)8月23日 [水曜日] 友引 |  サイトマップ サイトマップ

【JUテントリ活用店レポート】古市モータース(広島市安佐南区) 小売り在庫しながらのテントリ出品、思わぬ成約も

店舗情報 2017年05月03日
商売のチャンスを広げる「小売り+α」
会社名:古市モータース
室田尚樹社長

室田尚樹社長

複数画像有

拡大拡大する

 創業60年以上の老舗モータース店の古市モータース(室田尚樹社長)は、本社のある広島市安佐南区古市のほか、同八木などにショールーム2店、整備工場1カ所、鈑金塗装(BP)工場1カ所を持ち、地域に密着したトータルカーサービスを提供する。中古車販売は主に八木ショールームで行い、在庫車両数は50台規模。このうちユーザーからの委託販売車両などを除いた40台強をJUテントリに登録、着実に成果を上げているという。   (室田 一茂)

■入庫車両を素早く登録、中古車ポータルサイトとほぼ同じタイミングで共有在庫へ

 在庫車の大半は近隣のオートオークション(AA)会場で厳選して仕入れるという。週後半は主に車両仕入れに集中、週末から週明けにかけて入る商品車は入庫次第、次々に写真撮影し、商品化作業を施す。こうした情報はまず、中古車ポータルサイトの「Goo-net(グーネット)」に掲出し、いち早くユーザーの目に触れるチャンスを作るという。ここで入力した情報はJUテントリにもデータ連動出来ることから、ほとんどタイムラグなく、JUテントリにも出品登録する。こうした一連の作業のうち、車両情報の入力などでは店舗の女性アルバイトスタッフが活躍、アップ前の情報を室田社長が最終チェックし、ネット上に反映する。

■常に落札店の立場に立っての出品登録

 JUテントリをはじめとする共有在庫への出品では、落札店が十分に商売になる価格設定を考慮するという。「利益は小売りに比べて薄いかもしれないが、何より在庫回転率が上がることで、店舗の活性化につながる」(室田社長)とする。良い時期には2日に1台が成約、月10台は共有在庫を通じた業販が占め、早い場合は車両登録後2、3日で成約するクルマもあるという。これにより、店舗での小売りとJUテントリをはじめとする業販の両方で月間30〜40台規模の車両を販売する。「共有在庫で売れても、展示車が『成約済』となることで、ユーザーからは『よく売れているお店』というイメージがつく」(室田社長)とし、好循環が生まれる。よく売れるお店には当然、興味を持った新規客も多数来店する。商売のチャンスを広げる『小売り+α』の威力は計り知れない。

■定期的な価格見直しなど出品車の管理は不可欠

 同社では中古車を八木ショールームに15〜20台展示するほか、車で10分ほどの場所に在庫車を保管する倉庫を持つ。倉庫に保管する30台程度を合わせ、常に40台規模の在庫車をグーネットやJUテントリに出品することから、掲載情報のメンテナンス(管理)は欠かせないという。展示車両の在庫期間は「最長でも3カ月」(室田社長)とする中で、在庫期間1カ月ごとに価格変更などを実施する。その際に参考とするのはグーネットでの「アクセス数」や「見積もり依頼件数」、JUテントリでの「アクセス数」といった項目。価格変更の結果、即アクセスがあり、成約するケースもあるという。ここでの値動きは「2〜3万円程度の振れ幅」(室田社長)という。
 こうした的確かつ臨機応変な対応により、全国からの引き合いも強まり、小売りではなかなか成約に至らない高額車も容易に売れるという。出品車両のうち、低価格帯は比較的近場からの引き合いが強く、こうしたクルマは小売りでもよく売れるクルマだ。売りづらい高額車を在庫しても、小売り+共有在庫による複数チャンネルでの販売が在庫リスクを低減する。

■「平成26年8月豪雨」では甚大な被害も現在は完全復旧し地域に密着した営業を推進

 記憶に新しい2014年8月に発生した「平成26年8月豪雨」による土砂災害では、同社の八木ショールームと隣接するBP工場が大きな被害を受けた。押し寄せた土砂により展示車への被害が出たほか、BP工場の被害も甚大だった。こうした災害を乗り越え、現在では完全復旧し、地域のユーザーの安全快適なトータルカーライフを提供する。JU中販連が積極展開する「JU適正販売店」制度にも参画、地域社会における存在感も高まっている。JUテントリについても「JUというブランドで仲介してくれる安心感や信用度は高い。出品が大半だが、顧客からの注文車を探す際にも大変重宝している」(室田社長)と、フル活用、販売台数増と収益力強化に大きく貢献するJUテントリへの信頼感を強めている。

<店舗情報>
本社所在地:広島市安佐南区古市2ー23ー26
八木ショールーム:広島市安佐南区八木8ー7ー25
古市ショールーム:広島市安佐南区古市2ー18−27
八木工場:広島市安佐南区八木8−1−1
設立年月:1950年4月
代表者:室田 尚樹社長

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

店舗情報関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系