さくら祭り記念MAを開催 - Goo-net自動車流通

2017年(平成29年)4月25日 [火曜日] 先勝 |  サイトマップ サイトマップ

さくら祭り記念MAを開催

オークション 2017年04月16日
4月より体制変更を実施、41歳の渡氏が副会場長就任
会社名:IMA九州
渡副会場長が就任の抱負を語ってくれた

渡副会場長が就任の抱負を語ってくれた

複数画像有

拡大拡大する

 IMA九州(福岡県古賀市・羽田祐彦社長)は4月13日、「さくら祭り記念モーターオークション(MA)」を開催した。小型コーナーへの184台をはじめ、大型・中型コーナーにも142台を集荷、当日は建機コーナーも開催し、バラエティー豊かな出品車を集めた。

 同会場では8月の新会場移転リニューアルを控える中、4月1日付で小方英康会場長の定年に伴う体制変更が行われた。小方会場長が九州支社長付となり、九州支社長の伊藤武司執行役員が会場長を兼務、営業グループの渡彰弘シニアマネージャーが営業・業務両グループを統括する副会場長に就任し、事実上の会場長業務を担当する体制。

 弱冠41歳、同社では異例の若さで会場責任者に抜擢された渡副会場長は「会員の皆様はもちろん、スタッフ皆が支えてくれている。開設から17年、右肩上がりで成長してきた会場。好立地の新会場への移転を控え、期待に応えられるよう、独自色を出しながら頑張ります。
新会場では常時400台規模のオークションを開催できるよう、もう一度基盤作りに取り組みます」と就任の抱負を話す。

 また、「小トラから普トラまで『商用車はユーマックス』という専門性を訴求できるよう、今後も検査精度の向上に努め、トラックの中古車流通に貢献します」とIMAブランドの更なる向上に努める考えを示した。同会場はIMA3会場の中でも自社検査員育成のパイオニア。同会場のノウハウは他の2会場にも展開、IMAの検査品質を支えている。こうした背景もあり、ネット落札も増加しているという。

AA会場 IMA九州会場 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

TC-webΣ

ガレージカメイ

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系