「パッと見」評価は、使い分けが大事(外装チェック前編) - グーネット自動車流通

2017年(平成29年)11月24日 [金曜日] 仏滅 |  サイトマップ サイトマップ

「パッと見」評価は、使い分けが大事(外装チェック前編)

企業・団体 2017年04月14日
株式会社ジャッジメント 取締役 橋本剛
会社名:ジャッジメント

 査定において外装ダメージのチェックはそれほど難しいものではありません。なぜなら「確認ポイントの理解」が求められる修理跡とは異なり、「キズ」や「へこみ」は「じっくり観察すれば見つけられるもの」だからです。とはいえ、オークション出品時、あるいは第三者機関による鑑定を受けた際、ご自身がイメージしていた評価が得られないケースがあるのも事実。そこで今回はオークション検査員や鑑定師がどのような「評価点観」で外装をチェックしているのかをご紹介いたします。

◆高評価・高額車ほど細かくチェックされる
 査定時に「パッと見、オークション評価○点ぐらいかな・・・」と、車の外観を見回すことは、査定金額や商談のイメージを作るうえでとても大事なことです。キズやへこみが多い車は目立つものを優先的に拾い、きれいなクルマは細かいダメージを拾っていきます。オークションの出品検査時に検査員も同じことをします。しかし「パッと見きれい」と「本当にきれい」は似て非なるものです。検査員は「本当にきれいなのか。」を確認する為に普段以上に目を凝らしてボディをチェックします。なぜなら高い評価点を付与した場合、ひとつのへこみやキズの見落としが、会場の信頼性を失墜させることになりかねないからです。今の時代、インターネットを活かした「下見」が日常化しています。さらに高評価の車に関しては現車を確認せずにネット落札することも珍しくありません。高い評価点の車は、それだけ出品票の記載内容を信頼していることになります。「信頼性確保」の視点で考えると細かなチェックになるのは必然的なことと言えます。また最近では在庫車を【第三者機関による鑑定評価】を付けての販売も定着しつつあります。高い評価を受けた車ほど、ユーザーの期待度も高まりますので、より丁寧なチェックが鑑定師に求められるのです。

◆なぜ「パッと見」評価がズレるのか
 査定の際に高評価を期待したにもかかわらず、いざオークションに出品したら期待通りにならないケースは誰しもが経験するはずです。高評価を前提に査定額を高くしている場合には痛手になることもあります。「しっかり見たはずなのに・・・」本当にそうでしょうか。一見しっかり確認しているようでも、意外と見忘れ(未確認)のエリアがあったりします。

●見忘れが多いエリア
・ルーフパネル全体
・前後バンパー下面
・左右ステップ下面
・下廻り全般

 ご自身の査定シーンを思い浮かべてみていかがでしょうか。このように見忘れエリアは、下側方向に多く見られます。修復歴チェックと同様、ここに評価ズレの原因が考えられます(後編へ)。 




[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系