販売店から整備内容をビデオメッセージでお客様に連絡する 「Audi Cam」を4月より本格導入開始 - …

2017年(平成29年)12月15日 [金曜日] 先勝 |  サイトマップ サイトマップ

販売店から整備内容をビデオメッセージでお客様に連絡する 「Audi Cam」を4月より本格導入開始

企業・団体 2017年04月06日
アフターサービスにおけるお客様とのコミュニケーションと業務効率化を図る先進デジタルサービス
会社名:アウディ ジャパン
写真はフルモデルチェンジしたAudi A5 / S5 Coupé, Sportback, Cabrioletのエンジンルーム

写真はフルモデルチェンジしたAudi A5 / S5 Coupé, Sportback, Cabrioletのエンジンルーム

拡大拡大する

 アウディ ジャパン株式会社(東京都品川区、斎藤徹社長)は4月より、お客様との新しいコミュニケーションツールとして、 Audi Cam(アウディ カム)を導入する。

 Audi Camは、お客様に整備内容をお知らせするビデオメッセージと、概算見積書をお客様のスマートフォンやPCに送ることができるサービス。口頭では説明の難しい作業内容の説明や、お客様による作業実施の承認、作業完了報告などを電子メールとインターネットを介して行い、作業や料金の透明性を高めることで、お客様により満足いただくことを目指している。また、お客様の都合の良い時に確認いただくことで、 コミュニケーションとサービス業務の効率化にもつなげる。

 アウディ ジャパンでは、一部の販売店での一年間のパイロット検証を経て、この4月から本格的にAudi Camの導入を開始。お客様からの返信機能付ビデオメッセージシステムの導入は、日本における自動車ブランドのアフターサービス業務では初となる。

Audi Camのサービスの手順は以下のとおり。
1.販売店は、お預かり車両の点検・整備対象箇所の状態を音声による説明と共に撮影し、Audi Camメッセージを作成してお客様に電子メールを送る。

2.お客様が都合の良い時に電子メールに掲載されているビデオリンクをクリックすると、Audi Camのサイトが立ちあがり、お客様向け整備項目が重要度(緑、黄、赤の3色で表現)と共に表示される。

3.お客様は各整備項目についての動画と見積りを確認し、整備項目ごとに作業を実施するかどうかを選択して「選択を返信」を押す。

4.お客様が選択を返信すると、販売店にお客様が希望する作業内容を通知する電子メールが届く。

5.販売店は、お客様が希望する作業内容を実施し、完了したら電子メールでお客様に連絡する。

 アウディ ジャパンは「Audi Camの導入を通して、お客様とのコミュニケーションをよりスムーズかつ充実させることで、お客様満足度のさらなる向上を図っていきます」としている。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スズキ アルトエコ / H05系 前月比:112% 平均落札:537千円
  • 日産 エルグランド / E51系 前月比:111% 平均落札:529千円
  • レクサス GS / 190系 前月比:110% 平均落札:918千円
  • スバル インプレッサ / GH系 前月比:109% 平均落札:532千円
  • トヨタ カローラフィールダー / 140系 前月比:109% 平均落札:508千円

スズキ アルトエコ / H05系
スズキ アルトエコ / H05系

急落車種TOP5

  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:90% 平均落札:954千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:90% 平均落札:612千円
  • トヨタ カムリ / AV50系 前月比:90% 平均落札:1,274千円
  • ホンダ ステップワゴン / RK系 前月比:91% 平均落札:1,003千円
  • トヨタ ポルテ / 140系 前月比:91% 平均落札:837千円

トヨタ アリオン / 260系
トヨタ アリオン / 260系