『お客様第一主義』で商売繁盛の会場を目指す - Goo-net自動車流通

2017年(平成29年)2月20日 [月曜日] 赤口 |  サイトマップ サイトマップ

『お客様第一主義』で商売繁盛の会場を目指す

オークション 2017年01月09日
「2017年新春初荷記念AA」開催
会社名:JU東京
JU東京マスコットキャラクター「キャピクル」が会員を出迎え

JU東京マスコットキャラクター「キャピクル」が会員を出迎え

複数画像有

拡大拡大する

 JU東京(東京都足立区・長田雅彦理事長)は、1月9日、「2017年新春初荷記念AA」を同会場(埼玉県越谷市)にて開催した。

 当日のセリは出品1407台(当日出品を除く)を集荷。早朝より約300社の会員が来場し初荷に相応しい賑わいを見せ、長田理事長は「初荷、祝日でありながら多くの方に来場いただいた。これも会員の方々の支援のおかげ」と謝辞を述べた。
 また、当日のイベントも季節にちなんだ賞品が当たる早朝抽選会・出品落札抽選会が催された他、お残り賞に毎年恒例の干支貯金箱を用意するなど初荷記念を盛り上げた。

 開催に先立ち年頭の挨拶に立った長田理事長は、昨年の国内新車販売台数500万台割れ、また、年始早々のトヨタ自動車メキシコ工場計画についてのトランプ次期アメリカ大統領の言及など、今後も予想される多難な状況について触れた。その状況を踏まえた中で、長田理事長は「JU東京は『お客様第一主義』のもと、会員皆様の商売が繁盛できる会場を目指して役職員一同邁進していく」と決意を述べた。

 長田理事長は2017年の取り組みにAA事業・金融事業・小売振興事業を挙げ「AA事業は会員皆様の仕事のお手伝いができる会場にしたい。その為にも出品車の確保に努め、売れる会場・買える会場として成約率の向上も図っていきたい。金融事業は、オータムキャンペーンで達成率日本一の成績を収めることができた。スプリングキャンペーンにおいても引き続き達成率日本一を目指したい。小売振興事業では、JU東京のマスコットキャラクター『キャピクル』を会員各社で活用し、JU東京の認知向上を図ると共に会員各社への来店を促したい。また、新車販売支援も軽自動車を含め、車種の幅を拡げていきたい」と抱負を語った。

AA会場 JU東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

週間オークション情報

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ シビック / FD 系 前月比:117% 平均落札:1,162千円
  • レクサス LS / 40系 前月比:109% 平均落札:2,729千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:108% 平均落札:719千円
  • 日産 ティアナ / J32系 前月比:107% 平均落札:677千円
  • トヨタ アリオン / 260系 前月比:107% 平均落札:1,065千円

ホンダ シビック / FD 系
ホンダ シビック / FD 系

急落車種TOP5

  • 日産 リーフ / ZE0 系 前月比:83% 平均落札:615千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:85% 平均落札:631千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:86% 平均落札:793千円
  • トヨタ アイシス / 10系 前月比:87% 平均落札:511千円
  • ホンダ CR-Z / ZF1、2系 前月比:88% 平均落札:877千円

日産 リーフ / ZE0 系
日産 リーフ / ZE0 系