スタッフの信用が会社の信用を高める - グーネット自動車流通

2017年(平成29年)10月21日 [土曜日] 仏滅 |  サイトマップ サイトマップ

CAR SHOP REPORT

スタッフの信用が会社の信用を高める

2015-07-24
實方秀人

オートモバイル カーポート横浜
代表取締役社長  實方秀人

  • カーポート横浜外観
    カーポート横浜外観
  • 整備工場も備える
    整備工場も備える
  • 用品POPもわかりやすく表示
    用品POPもわかりやすく表示

 東名高速道路横浜町田インターからほど近くの八王子街道に店舗を構えるオートモバイル カーポート横浜。国道16号線と国道246号線が交差する横浜町田インター付近は、ディーラーや大型販売店が店舗を構える激戦区。そこで地域密着を目指し中古車販売を行う實方秀人社長に同社の取り組みを聞いた。

■地域密着を目指して
 2000年に会社を作り、中古車販売を始めた。当時は業販を中心に事業を行っており、オークション会場での仕入、出品を事業としていた。その後、2003年に中古車販売店の開業し、2008年に現在の瀬谷区に移転した。移転のタイミングも良く、スタッフも接客のノウハウを持っていたため、順調なスタートを切れた。当時、扱っていた車はGT–Rなど車種を絞っていたため、ネットによる問い合わせ、販売が8割から9割を占めていた。その後、取扱車をファミリーカーに変え、客層が変わると共にリピーターも増えた。今は、展示車を増やし地元に根付いた販売に重点を置いている。以前は、日本一安い価格を狙い、設定していたため地方納車も多く、リピーターはいなかったが、展示車の値付けも相場を確認し、関東の価格で販売を始めた結果、販売台数は減少したが、客層は良くなり、リピーターも増えている。

■スタッフの信用力を高める
 展示販売を始め、買ってくれた人が戻ってくるシステムが大切と考えている。価格などで購入に迷うお客様がいたら、他店を見てもらうように勧めている。迷っているお客様に販売しても関係は長続きしない。他店を見てもらうことで、自社を知ってもらう。お客様に対しスタッフが個々に信用を作ることで会社の信用に繋がる。スタッフには仕入値を開示しているが、利益がどれほどあるのかを知ることで、安易な値引きをしないように意識が高まる。その結果、スタッフが自ら考えてお客様と接するため、自分のお客様という意識も高まり信用力アップに繋がる。

■コミュニケーションを高める 
 お客様とコミュニケーションを取り繋がることで、お客様の歴史を作っていく。そのコミュニケーションを作っていくためのきっかけとして販売以外の部分である車検・保険・サービス(点検・車検)・レンタカーの4点に力を入れている。この4点のレスポンスを良くしていくことが重要。特に保険は1年に1回更新を迎えるためお客様との接点強化に繋がる。車の購入だけでは車検まで接点がない場合もある。毎年来る接点を活かすために、スタッフが保険の勉強会を自発的に毎週開催している。また、コミュニケーションは、スタッフ間でも大切にしており、月に一回は必ずミーティングを兼ねた食事会を開き、意思の疎通を図っている。仕入で会社を空けることができるのはスタッフのおかげであり、その労をねぎらう意味も込め、お互いのコミュニケーションを深めている。今後も地域密着を目指し、スタッフと共に利用してもらう機会づくりを進めていくだけ。

【店舗情報】
会社名:有限会社 オートモバイル(屋号:カーポート横浜)
住所 :〒246-0008
神奈川県横浜市瀬谷区五貫目町11—8
電話 :045-924-4411
代表者:實方秀人
設立 :2000年4月